目のやり場に困る、可愛い子が一杯

[芝居]No.23(2021)WORLD of the CHARACTERS 東京公演第4話~始まりの魔女と終わりの時~アトリエファンファーレ東新宿

さりさんを観に行きました。

1~3話を見ていたので、話は通じたが、2時間は長い・・・・。

少しウトウトしてしまった。残念。

あと、次の予定に間に合わないので、チェキは無し(涙)

今回は、熊谷知花さんのラストでもあるので、歌のシーンで、少し涙ぐんでいたメンバーがいて、グッときました。

相変わらず、中々溶け込めず、100%楽しめなかった。

 

炎の姫 珠守(しゅしゅ)
お姫様でありながら炎の魔法を操る「戦うお姫様」。世界を救う為一人魔物と戦っていたが、姫様たちに出逢ったことで少しずつ変わり始めている。(as:白石みずほ)
花の姫 李苺(もも)
誰に対しても優しく面倒見が良い。「花」から産まれたお姫様の為寿命がとても短いが「とある理由」で永き命を持っている。少々天然ボケの一面もあるが芯が強く美しいお姫様。(as:熊谷知花)
光の姫 嬉黄(きき)
いつもニコニコ元気いっぱい!ちょっぴりお馬鹿な一面もあるが周りをぱっと明るくするムードメーカー(as:山下若菜)
風の姫 羽衣(うい)
独自の雰囲気を持ったお姫様。世界中の風のウワサが届くので知識は豊富。だけどなんだかちょっぴり頼りない愛しいお姫様。(as:赤井玲香)
時の魔女

 

『WORLD of the CHARACTERS』の世界では忌むべき者として扱われる【魔女】。なかでも「時間と時空を操る」という強大な力を持つ

(as:橘さり)

始まりの魔女(叉凪)

世界王近衛兵として潜伏していたが、その正体は「魔女を産み出す魔女」【始まりの魔女】だった。

姫様達、中でもとくに珠守姫に興味をもっており祈年祭へと呼び出したようだが、乱入してきた時の魔女に「世界王」の正体を問われると、それまでの飄々とした態度から一変し、時の魔女の「魔法」を奪いどこかへと消えてしまった…

(as 美澄優羽)

公演情報 (simdif.com)

ファンとしては嬉しかったけど

[芝居]No.22(2021)蓮×歌 旗揚げ公演新編ロミオとジュリエット​-薔薇の名は-@ザ・ポケット

次回公演 | 『蓮×歌』公式HP (wixsite.com)

団長を観に行きました。流石に、ストーリーは分かっているので、その辺は意識しないで観ていました。と、なんと団長がジュリエット!!!!主役じゃん(笑)

しかし、話が進むにつれ・・・・・・。

結論を言えば、何だかややこしい事になっていました。

果たしてこの変更を是とするか非とするか。まぁ、私は団長が観れたし、もう一人の子も好みだったから、是だけど。

この変更の1点で、悪く言う人もいるでしょう。

このブログを書いていて、タイトルを見ると、「新編」とあるので、いいんじゃない?ましてや、出演者にそれをぶつけるのは、違う気がします。

<White班>江添皓三郎、はらみか、椿木沙也加、滝沢亮太、有賀太朗、久保田駿介、直井達也、佑亮、藤井惇成、福田結希、牧田優希、秦野豪、下村拓也、竹村彰二郎、吉川翔貴、荒木吏沙、切本晴子、直井瑞季、服部友貴穗、​大間知賢哉

日本三大奇書の一つ

[芝居]No.21(2021)THE PSYCHOSIS幻魔怪奇劇「DGURA MAGRA―ドグラ・マグラ-」新宿スターフィールド

DGURA MAGRA | PSYCHOSIS (psychosis13.com)

ドグラ・マグラ』『黒死館殺人事件』『虚無への供物』を読んだことがありますか? これらは、「日本三大奇書」と呼ばれる3作品です。

多分戯曲化する時点で、相当分かり易くなったんだと思います。

だって、話の内容が理解できたもの。理解できるぐらいなら、奇書とは呼ばれないでしょう。

作品とは関係なく、空調が寒すぎるのと、音が大きすぎて😢

青年:國崎馨呉 一郎:曽田明宏、呉 青秀:申大樹、若林鏡太郎:遊佐邦博、呉 千世子:高田ゆか、正木敬之:髙橋優太、呉 モヨ子:帝子、呉 八代子:井口香、戸倉 仙五郎:小坂知子、看護婦・乙山:MIKA、研修医・定:辻 真梨乃、看護婦・甲田:​中村つぐみ、看護婦・丁:神谷沙奈美、黒看護婦・金田:柴 奏花、黒看護婦・銀屋:中村ナツ子、黒衣の少女:森永理科

 

 

 

 

 

f:id:doradora0511:20210718172353j:plain

f:id:doradora0511:20210718172422j:plain

f:id:doradora0511:20210718172442j:plain

 

雪だるま作ろ~

[芝居]No.20(2021)劇団四季アナと雪の女王JR東日本四季劇場[春]

ミュージカル『アナと雪の女王』作品紹介 | 劇団四季【公式サイト】 (shiki.jp)

 実は、映画版の「アナと雪の女王」をあまり好きではなかったのです。

劇団四季が超有名な、大ヒット作をどう料理するのか?それを確かめに行きました。

個々の役者に関しては、若干の言いたい事はありますが、全体的には、非常に素晴らしい作品になっていたと思います。(偉そう(-_-;))

特に良かったのが、プロジェクションマッピングと照明。現代の技術が無ければ、この作品は成り立たなかった。

あと、姉妹の子供時代を演じた子が達者でした。子供時代の可愛らしさと、演技と歌。100円満点です。

成長してからのアナも良かったです。アナの天真爛漫と言えば、可愛いですが、世間知らずで、頑固で、お人好し。でも、姉に対しての愛は本物。それが十二分に出ていたと思います。

苦言というと疑問というか、全体的に衣装が凄く地味で、特に戴冠式に来る人達があんな地味な格好で来るのは・・・・。

何年後かに、別のキャストで観てみたい。

 2021年7月17日(昼)公演  JR東日本四季劇場[春](浜松町・竹芝)

エルサ 三井 莉穂
アナ 三平 果歩
クリストフ 神永 東吾
オラフ 山田 充人
ハンス 杉浦 洸
ウェーゼルトン 石野 喜一
スヴェン 川野 翔
パビー 渡久山 慶
バルダ 柏谷 巴絵
オーケン 阿部 よしつぐ
アグナル王 田川 雄理
イドゥーナ妃 大岡 紋
ヤングエルサ 桑原 愛佳
ヤングアナ 三上 さくら

【男性アンサンブル】
小田 春樹
黒田 大夢
小林 優
中田 雄太
土井 夏以
山口 優太

【女性アンサンブル】
黒柳 安奈
塩入 彩音
土居 來未
志賀 ひかる
岩井 千秋
岡本 直子
大森 真理

何に惹き付けられたのか?

[芝居]No.19(2021)吉祥寺GORILLA第3回公演​「誰か決めて」はなまる学習会王子小劇場

 

吉祥寺GORILLA | 吉祥寺・劇団・演劇 | 吉祥寺ゴリラ | 東京都武蔵野市 (wixsite.com)

黒沢佳奈さんを観に行きました。

まず、この状況下で舞台を観れたことに感謝。更に、凄く感じる事が出来て感謝。

何に惹き付けられたのかよく分からないが、2時間強の上演時間があっという間に感じられた。

特に、黒沢佳奈さんが演じた、親子が良かった。

主人公も勿論良かった。

しいて言えば、脚本に惹き付けられたのかな・・・・。

観られて良かった作品でした。

 

出演 平井泰成(吉祥寺GORILLA/24/7lavo)石澤希代子、榎本悟(シアターキューブリック)岡野優介(クロムモリブデン)神野剛志、日下麻彩(常民一座ビッキンダーズ)黒沢佳奈(火遊び)星秀美、魔都、宮部大駿、森崎真帆、山下真帆(劇団円想者)

 

f:id:doradora0511:20210710084708j:plain

f:id:doradora0511:20210710084734j:plain

f:id:doradora0511:20210710084754j:plain

 

感動的なラストじゃない?まさか・・・・

[芝居]No.18(2021)劇団かもめんたる 第11回公演『ソルティーなんとかメモリー下北沢駅前劇場

6月26日から「ソルティーなんとかメモリー」|岩崎う大(かもめんたる)|note

劇団かもめんたる、もう何作目だろうか?

この作品は、ゲストに犬山イヌコさんを迎え、ラス前まで、非常にいい話でした。

ラストでひっくり返して、かもめんたるっぽい作品になりました。

我らがももちゃんは、叔母である長田さんと謎のホームレスの犬山さんにインタビューする役。

非常に良かったです。こういう役も出来るのが、彼女の役者としての懐の深さだと思います。

火星にある娼館の話。

謎のホームレス(犬山イヌコさん)が語る火星婦(こんな字かしら?)の話。

いい話だったのに(苦笑)

 

岩崎う大かもめんたる
槙尾ユウスケ(かもめんたる
小椋大輔
もりももこ
土屋翔
長田奈麻(ナイロン100℃/劇団かもめんたる
犬山イヌコナイロン100℃
佐藤銀平(サスペンデッズ/東京No.1親子)
石井亜早実

 

f:id:doradora0511:20210627173223j:plain

 

演劇ってすごい

[芝居]No.17(2021)野田地図「フェイクスピア」@プレイハウス

フェイクスピア | NODA・MAP 第24回公演 (nodamap.com)

正直に言って、野田さんの作品は一度観ただけでは、理解できないことが多いです。

今回も、理解は出来ていないと思います。

だからこそ、あのラストシーンを観た後、感度して、泣きそうになりました。

それが全てであり、それでいいのだと思いました。

素晴らしい作品でした。

演劇の素晴らしさ、ライブの素晴らしさを再認識しました。

有り難う。

出演

高橋一生
川平慈英 伊原剛志 前田敦子 村岡希美
白石加代子 野田秀樹 橋爪功

石川詩織 岩崎MARK雄大 浦彩恵子 上村聡 川原田樹
白倉裕二 末冨真由 谷村実紀 手打隆盛 花島令 間瀬奈都美
松本誠 的場祐太 水口早香 茂手木桜子 吉田朋弘

f:id:doradora0511:20210620093330j:plain

f:id:doradora0511:20210620093424j:plain