配信・夏が来れば思い出す・・・

[芝居]No.2(2021)配信・Yellow Brick Roadプロデュース公演『想い出パレット&男の60分』@両国エアースタジオ

組長が初演出ということで楽しみにしていたが、自粛中、雪、寒い、遠いetc.

配信に切り替えました。

途中で止まったりしたので、アーカイブで改めてちゃんと観ますが、全体の流れは良かったです。

凄く、偏った見方ですが、女の子も子供時代の思い出ってこんな感じなんだって、何となく男子の思い出のような・・・・。

でも、逆にそれが面白かった。

組長の役、どうせなら小学生の役が観たかった。

 

出演者

生田由明乃 池田美郷

柿の葉なら

笠原芽吹 佐倉はなほ 佐々木千夏
藤本康平 真寿美 山岡よしき

脚本

柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)

演出

AB班 山岡よしき

この可愛さはどこから出てくるの?

[芝居]No.1(2021)APOFES2021「川久保さんと小林さん」@APOCシアター

アポックひとり芝居フェスティバル『APOFES2021』 in東京 - パスマーケット (yahoo.co.jp)

作・演出・出演:川久保晴

昨年、MCRでの演技を観て一目惚れ。

自粛中、しとしと雨、寒い・・・・・

久し振りのAPOCシアター。

舞台の周りを取り囲むような座席の配置。舞台との間にアクリル板。

少し覗き見的な雰囲気。

複雑な感じの衣装(スカート2枚?)、セーラー服?

晴さん一人。

次女が主役?長女、母、小林さん

次々に出てくる出演者。人物の変換?がスムーズ。

個人的に、誕生日の次女の心情がしみこむ。

話が進むと母の話だということが分かる。それが分かってから脳内フィードバックすると、母の心情も浮かび上がる。

作も川久保さん。中々のもの。面白かった。

そして、何だかわからないが、可愛い。

全力で演技している川久保晴さんも、母も次女も小林さんも可愛い。

それでいいような気がする。

f:id:doradora0511:20210125084212j:plain

f:id:doradora0511:20210125084231j:plain

 

楽しかった~♪

[芝居]No.39(2020)成井豊と梅棒のマリアージュ「plat d´梅棒」サンシャイン劇場

成井豊と梅棒のマリアージュ|株式会社ナッポスユナイテッド - NAPPOS UNITED Co.,Ltd.

 

やっぱり梅棒は楽しい。

今回はキャラメルボックスと組んでの公演。

4本の短編のうち、1本は成井さんの作・演出。

ダンスのない梅棒は新鮮でした。

1.「BBW~ビッグ・ビューティフル・ウーマン~」

 ミセスフィクションズの15ミニッツで観たことがあります。

私の初梅棒。それ以来、縁あって観ています。

ぽっちゃりの女性を筒井俊作さんが、キュートにファットに汗ダラダラに演じていました。

2.「Y」

 櫻井 竜彦さんがあの役に合っていて(違っていたらすいません)、好きな作品。

あと、劇中のある曲、オリジナルでは無くカバー(多分、明菜←間違っていたらごめんなさい)なのが良かった。

3.「CROSSROADS」

 成井さんの作品。ダンス無しBGMほぼ無し、台詞あり。

普段の梅棒とは真逆ですが、かなり普通感がありました。

あの人の息子役の子が可愛かった(男性)

4.「End ofF Story」

この作品、好きなんですが、一見してどの役者さんが演じたのか分かりにくくて、終演後、友人と喧々諤々。

私は、2.で女性の役をやった人が大王の役やったような気がしました。

あと、主役の方が1.のケーキ屋さんだと思った。

 

1.「BBW~ビッグ・ビューティフル・ウーマン~」

作:伊藤 今人・遠山 晶司 演出:遠山 晶司

2.「Y」

作・演出:遠山 晶司

3.「CROSSROADS」

作・演出:成井 豊

4.「End ofF Story」

作・演出:遠山 晶司

 

筒井俊作、阿部丈二、鍜治本大樹、原田樹理、林貴子、石森美咲(以上 キャラメルボックス

伊藤今人、飯野高拓、遠山晶司、塩野拓矢、櫻井竜彦、天野一輝、野田裕貴(以上 梅棒)

池田遼(少年王者館/おしゃれ紳士)、正安寺悠造(DACTparty)、五十嵐結也、

YOH(KEMURI

 

f:id:doradora0511:20201227081921j:plain

f:id:doradora0511:20201227082330j:plain

 

愛だろ、愛だね♪

[芝居]No.38(2020)劇団四季オペラ座の怪人」@JR東日本四季劇場秋

ミュージカル『オペラ座の怪人』作品紹介 | 劇団四季【公式サイト】 (shiki.jp)

オペラ座の怪人、物語の流れは好きです。特にラストシーンは好きです。

色んな解釈ができる。年令によっても違う気がします。

途中の歌唱シーンは、勿論いいいのですが、オペラなので全て、歌唱なんです。

ミュージカル苦手な人が、一番苦手な感じ・・・・・・。

でも、凄いと思いました。それは、劇団の実力でしょう。

あと、あれが動くのは結構怖かった。

 

蛇足ですが、カーテンコールが長い・・・・、キャッツの3倍ぐらい、時間が無いのに(涙)

 

2020年12月19日(昼)公演  JR東日本四季劇場[秋](浜松町・竹芝)

オペラ座の怪人 岩城雄太
クリスティーヌ・ダーエ 海沼千明
ラウル・シャニュイ子爵 光田健一
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 松尾 優
マダム・ジリー 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ 北澤裕輔
ムッシュー・フィルマン 平良交一
ウバルド・ピアンジ 山田充人
ムッシュー・レイエ 日浦眞矩
ムッシュー・ルフェーブル 勅使瓦武志
ジョセフ・ブケー 見付祐一

【男性アンサンブル】
髙橋祐樹
渡辺吾郎
野村数幾
石川敦貴
川畑和寛
吉田 蓮
佐藤圭一

【女性アンサンブル】
杉山由衣
結城湊海
清水智紗子
小山百合恵
高木千晶
荒巻くるみ
佐野奏実
石田真子
田原真綾
澁谷陽香
松岡ゆめ
羽田沙織

 

f:id:doradora0511:20201220154823j:plain

f:id:doradora0511:20201220154853j:plain

 

年末の笑い納めかしら

[芝居]No.37(2020)MCR EXPO’20W女がつらいよ」@OFFOFFシアター

MCR EXPO’20W 「女がつらいよ」「パンダが降る日」 (mc-r.com)

大石さん、劇団を観に行きました。

何度か観ている劇団MCR。

その常連役者の堀靖明さん。

兎に角彼がかっこいい。

お世辞にもイケメンでは無いし、太っているし、暑苦しいし、ertc.

でも、それがすべてかっこいい。

プラス、川久保晴さんの何とも言えない可愛らしさ、面倒くささ、それが合わさって、たくさん笑ったし、涙腺が決壊しそうになった。

お目当ての大石さんは、いやな先輩の役でしたが、素敵でした。

外見、超好み。ビジネススーツが似合いすぎ。

 

作・演出:櫻井智也

出演

川久保晴、堀靖明、澤唯(サマカト)猪股和磨(なかないで、毒きのこちゃん)川口知夏
松尾太稀(劇団献身)キタタカシ、大石ともこ(みそじん)山本陽子熊野善啓(チャリT企画)

f:id:doradora0511:20200914210929j:plain

 

結末まで観て何が何だか・・・・

[芝居]No.36(2020)月蝕歌劇団第112回劇場本公演「陰陽師安倍晴明-最終決戦-」@ザムザ阿佐ヶ谷

月蝕歌劇団 – L'opera de Éclipse lunaire (gessyoku.net)

 

國崎馨さんを観に行きました。

以前に観たことがある劇団。

何となく、雰囲気をつかんでいるつもりでした。

が、それは勘違いでした。いや、雰囲気は同じでした。

ストーリーに全く付いて行けませんでした。

これは、私の老化のせいもあるでしょう。

私自身、人に話す時に、話題があちこちに飛ぶタイプだから。

分かると思ったんですが。

この形にするなら、もう少し登場人物を減らした方が良かった、かな?

あと、ラストの方である人物が「〇〇陛下万歳」と叫ぶのは、おかしいと思った。

だって、彼自身が神的なものになった、なろうとしていた、んだから。

出演
白永歩美、川合瑞恵、岬 花音菜、國崎馨
ーーーーーー
はるのうらこ、石津ゆり、ゆいの杜、中村つぐみ、水上ゆか
ーーーーーーー
登利忌理生、音無ねむ、渡辺侑楽、真弥優希、西垣紫野(月蝕GISELLe21)鬼口モカ
桂木さゆ美、鳥居涼花、只野小平、山本雅也(DANCETERIA−ANNEX)南雲美香
ーーーーーーーー
紅日毬子(虚飾集団廻天百眼)霍本晋規(劇団三日月湊)友利栄太郎、田村信、里見瑤子

 

f:id:doradora0511:20201214093822j:plain

f:id:doradora0511:20201214093903j:plain


 

f:id:doradora0511:20201214093925j:plain

 

演劇ってやっぱいいね♪

[芝居]No.35(2020)扉座40周年記・10knocks 「曲がり角の悲劇」@紀伊国屋ホール

劇団扉座第68回公演 扉座40周年記念★with コロナ緊急前倒し企画 『10knocks~その扉を叩き続けろ~』 – 扉座 (tobiraza.co.jp)

七味さんを観に行きました。

たぶん初扉座

話そのものは、そんなに好きなタイプではなかった。

でも、舞台から、舞台を見つめる観客から、熱が伝わってきた。

だから、カーテンコール(最近では珍しく、2回ありました)で客演の方々に一言。という場面で、涙ぐむ姿を見て(七味さんは元気いっぱい(笑))、胸が熱くなりました。

色々あるよ、中々に大変だよ、でもね、私は劇場で舞台を観るのが好きなんだよ。

それを再認識した作品でした。

 

【出演】
◆犬飼淳治演出作品
戦士ナギ……朴 璐美(客演)
戦士イツヤ……砂田桃子

女王マリシ……鈴木崇乃
王女ヨヨ……塩屋愛実
従者サンタ……佐々木このみ
乳母カズラ……江原由夏
巫女サンギ……藤田直美
隊長リクゴウ……大川亜耶
戦士コウ……菊地 歩
戦士トブヒ……わかばやしめぐみ(客演)
負傷兵……佐々木このみ

ワカ……小笠原 彩
ゲロウ…… 七味まゆ味(客演)
ガキ……北村由海
モノノケ……菊地 歩
デキソコナイ……大川亜耶
イモズル……わかばやしめぐみ(客演)
コヌカ……塩屋愛実
ババ……砂田桃子

勇者カゼ……鈴木里沙

ト書き……新原武

f:id:doradora0511:20201208134730j:plain

f:id:doradora0511:20201208134758j:plain

f:id:doradora0511:20201208134845j:plain